引っ越し 手続き

引っ越し手続きをする前に読むブログ

面倒な引っ越し手続きを楽しく済ませる方法

メニュー

引っ越して1ヶ月が経ちました引っ越し先がなかなか決まらない引越しをするか悩んでいます引越し手続きをする前に確認しておくこと最短で引っ越し手続きをする方法

引っ越して1ヶ月が経ちました

2018年夏ごろから引っ越しを検討して部屋探しをしていましたが、2018年11月に希望条件に合う新築物件が見つかったので、入居申し込みをし、無事に審査をクリアしたので2019年1月に引っ越しをして、早いもので新居に住み始めて1ヶ月が経過しました。

2LDK⇒3LDK、55㎡⇒70㎡になったので部屋はもちろん広く、収納もたっぷりあるのでかなり快適に生活できています。

小さい子どもたちも部屋の中を走り回れるくらいなので引っ越してよかったと思ってます。

ただいくつか気に入らないことがあり、というのも新築物件なので、分からないことが多い完成前に入居申し込みを行ったため、これは不便だなと思うことがありました。

まずはオートロックですが、世帯数が少ないマンションなのでマンションの入り口は扉式で、オートロックを解除しても自分で扉を開けなければいけないんです。

普通のマンションならだいたいオートロックを解除すると自動ドアになってるので、荷物を持った状態でも不便なくマンションに入ることができますが、扉式だと小さい子ども&荷物を持って両手がふさがっている状態で開けることができないのでかなり不便だと感じています。

他にも結露が出やすい、部屋が広くなったので掃除が大変などいくつか気に入らないこともありますが、とにかく新しい部屋は気持ちいいので、最低でも2年間は住みたいと思います。

引っ越し先がなかなか決まらない

夏前から引っ越しを考えていて3ヶ月ほど経ちましたが、なかなか良い物件、希望条件に近い物件が見つからずにまだ引っ越しできていません。。

ただもうすぐ10月で今年も残すところあと3ヶ月ほどとなり、出来れば今年中には引越しをしたいと思っているので、残り3ヶ月、実際には12月も中旬以降の引っ越しは現実的には難しいので、あと2ヶ月チョットの間に新居を決めたいと思っています。

何度引っ越しをしても新居を決めるのって大変ですよねー。特にネックとなるのが家賃ですよ。

家賃の上限があるので、その上限内の予算で新居を決めなければならない、一般庶民の苦しい事情のために引っ越しがなかなか決まらないんですよー。

また今は小さい子どもが2人いるので、仮に引っ越しが決まった場合、引っ越し前にする手続き一覧も面倒になるのが予想されるので、いま仕事が忙しいので本当に大変な年末になりそうです。

でも今住んでいる部屋は長男が走り回って狭いし、次男も伝い歩きを始めて危険がいっぱいなので、子供部屋を作るためにも3LDKで10万円以内の部屋を粘り強く探したいと思います。

また新居が決まり次第、このブログにて報告したいと思いますのでお楽しみに!

引越しをするか悩んでいます

今我が家は4人で生活しており、子どもも大きくなってきたので引っ越しを検討しているんです。

いま2LDKで50平米ほどなので、正直チョット手狭で、マンションなので収納も少ないために小さい子供の物、おもちゃが溢れてきているので、今よりも広くて収納も多い3LDKアパートへの引っ越しを考えるようになりました。

そこでネットの賃貸住宅検索サイトで色々条件を設定して探しているんですが、やはりアパートといっても3LDKくらいで60平米を超えて、築年数が新しい場合は今住んでいるマンションよりも家賃が高めなので、引っ越しをするか悩んでいるんですよ。

もちろん予算に上限がないような富裕層であれば月々の家賃の差、数千円なんて全く気にしないかもしれませんが、わが家のような一般的な家庭であればその数千円が結構大きいので、悩みますよねー。。

ただいまのマンションは本当に狭くなってきたし、収納も少ないので物をしまう場所がないために、常に部屋が散らかっている状態で、片付けることさえ大変ですから、嫁は引っ越したいといっているので、この夏から秋くらいには引越しをすることになりそうです。

小さい子供がいるので引っ越すことになったらかなり大変なことが予想されますが、暑さと引っ越しのこの2つを何とか乗り切れるように頑張りたいと思います!

引越し手続きをする前に確認しておくこと

引越しをするとなるとさまざまな手続きが必要になりますが、やみくもに手続きを行うと結局2度手間になることもあるので注意が必要です。

特に市役所、区役所での手続きは住民票だけでなく、印鑑証明書、児童手当、健康保険などの手続きが必要になり、それぞれ必要書類を用意しなければ、結局何度も市役所、区役所に足を運ぶ羽目になるので気を付けましょう!

また役所での手続き以外にも住所変更の手続きをしなければならず、その際に新住所を証明する書類、例えば住民票などが必要になるのであれば、市役所、区役所に行った際に住民票を発行しておけば、これまた何度も市役所に行かなくても良いので、必ず市役所、区役所に行って手続きをする前に、必要な手続き、必要な住民票などを確認しておけば、かなりスムーズに引っ越しの手続きを終わらせることができるんですよ。

これから引越しを控えている方はこれらを頭に入れているだけでかなり引っ越し手続きを無駄なく行うことができるので、参考にしていただければと思います。

ただ個人的に思うのは、どうしてこうも日本の手続きって面倒で、色々なことをしなければいけないのかが納得できませんよ。

これもマイナンバーができたばかりですが、今後はマイナンバーの活用の仕方についても考えてほしいですね。

最短で引っ越し手続きをする方法

やってきましたね。そうです引っ越しの季節です。これから新社会人、転勤、高校を卒業して大学へ通う人など、引っ越しをする人が1年で最も多くなる季節です。

この時期は街中を歩いていてもまだスーツが馴染んでいない新社会人の人を見る機会が多くなり、フレッシュな若い人を見るとなんだかすがすがしい気持ちになりますね。自分も夢や希望を持って会社に就職したころのことを思い出しますよ。。

さてそんな人たちも仕事だけではなく、新しい生活にも慣れていかなければならず、引っ越しをする人も多いと思います。

ただ新社会人や大学へ進学する人など、初めて引っ越しを経験する人も多いと思いますので、そのような人たちに僕の経験、つまり引越の上手なやり方を伝授していければと思いこのサイトを立ち上げました。

引っ越しに限らずなんでも初めてのことは分からないことだらけで、何から手を付けてよいのかわからないと思いますが、私は独身時代、そして結婚してからも、何度も引越をしてきたので、引越しのhow toは誰よりも詳しいと自負しています!

まだ大学入試も終わっていませんが、合格してから引っ越しのことを考えると時間がないので、最短で引っ越し手続きをする方法を分かりやすく説明していきますので、新しい生活を始める方は参考にしてください。

メニュー

引っ越して1ヶ月が経ちました引っ越し先がなかなか決まらない引越しをするか悩んでいます引越し手続きをする前に確認しておくこと最短で引っ越し手続きをする方法


Copyright ©引っ越し手続きをする前に読むブログ All rights reserved.

ログイン